STEP 3 積極的な環境投資を試みる。


太陽光発電

太陽光発電システムの生産・設置数で、日本の太陽電池メーカーは、かつて世界をリードして
いましたが、現在は世界の競合企業に大きく 水をあけられ、ピーク時(2001年)の世界市場
シェア46%から、2008年には18%にまで落ち込んでいます。

太陽光発電の最大のメリットは、全国どこでも太陽光を利用でき、小回りが利き身近に利用で
きることです。また、余剰電力を電力会社が買い取る制度も発達しました。

「ベランダでも太陽光発電」を合言葉にパネル1枚を上手に使って門灯や換気扇の独立した電
源として活用したものもあります。しかも小規模なものは安全で蓄電池以外は保守もほとんど
かからず、災害などの緊急時には本当の価値を私たちに提供してくれます。

家庭内でCO2排出量の多い電力を、太陽光等の自然エネルギー発電に切り替えれば、CO2の
排出量は劇的に減少します。


風力発電

太陽熱利用

太陽エネルギーによる熱利用は、古くは太陽光を室内に取り入れることから始まっていますが、
太陽熱を集め温水を作る温水器とソーラーウォールと呼ばれる米国エネルギー省が絶賛したと
いわれている太陽熱集熱器があります。 詳しくはこちらへ


雨水の利用

高気密断熱住宅

コンポジット

光触媒等新技術

光触媒の、太陽や蛍光灯などの光があたると、有機物を酸化・分解するというメカニズムを利
用して、トンネル内の照明や、汚れにくいトイレやテント、手術室の抗菌タイル、雨水できれ
いになる外壁、シックハウスの原因物質のひとつのホルムアルデヒドを除去する空気清浄機な
どに利用されています。 詳しくはこちらへ


自動車プラス自転車

在宅通勤の促進

完璧ゼロだCO2
STEP 2に戻る















Copyright (C) 2004-2011 lohas club. org. All rights reserved.