STEP1 まず日常生活での、環境への影響を知る。


待ったなしの地球温暖化防止

私たちは昭和40年代以降、いくつかの環境問題に直面し対処してきました。
  • 水俣病やカドミウム災害に代表される加害者、被害者、地域が特定される産業公害事件
  • 被害者が加害者でもある自動車排気ガス、生活排水、産業廃棄物の生活公害型
  • 地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、森林減少、砂漠化等、地球規模の環境問題

地球温暖化等の問題は、複雑で即効性がなく、確たる対処法も見出せないのが現状です。
温室効果ガスの排出が減らず、化石エネルギーに大きく依存する社会、経済の発展と環境
という相対する関係、私たちの日常生活の環境への意識の持ち方は大切です。

●全国地球温暖化防止活動推進センター

●環境省ホームページ

●温室効果ガスイベントリオフィス(GIO)


温暖化の原因は?

化石燃料の大量消費がその原因です。つまり化石燃料から太陽光、風力、バイオマス等の再生
可能エネルギー源に移行することです。炭素型エネルギー経済から、水素型エネルギー経済に
どの位早く移行できるか、地下のものを極力使わない経済システムが、すなわち持続可能な社
会へのキーワードです。















CO2の多さにビックリ!

暮らしのCO2チェックでCO2排出量を算出して、その多さにびっくりするはずです。

上記の表は、新潟県長岡市で調査したCO2の排出量です。あなたのCO2排出量と比較して
どうでしょうか。省エネ、節約、ケチケチ作戦で一時的には良い結果が得られるかもし
れません。しかし、安定して良い結果は得られません。安易なダイエットがリバウンド
してしまうのに似ています。
私たちが、次世代の子どもたちの未来のために、戦略的にCO2の削減に挑戦することは
そう容易ではないのです。


チョット考える

「アメリカの奥深く分け入ったところにある町があった。生命あるものはみな自然と一つ
だった。町のまわりには豊かな田畑が碁盤の目のようにひろがり、穀物畑の続くその先は
丘が盛り上がり、斜面には果樹がしげっていた。」
これは、レイチェル・カーソンの『沈黙の春 Silent Spring』の序章である。

春を沈黙させる原因となった白い粉の正体は、農薬である。カーソンの本の出版は1962年
だった。『沈黙の春』が出版されると、賛否両論がまき起こった。農薬や食品工業の会社
は、農薬をやめたら害虫が大発生するとか、DDTやBHCが人体に害のないことは証明済み
であるとカーソンを批判しました。

この『沈黙の春』は、出版妨害があるほどアメリカ全土で、世界で反響がありました。

私たちは、地球温暖化による気候の変調、農作物の減収、砂漠化等の様々な影響を受けて
いますが、『沈黙の春』が加害者と被害者の関係が明解なのに比べ、温暖化問題は、加害
者が被害者、被害者が加害者という妙な構造です。

しかし本当の被害者は私たちではありません。被害者は、次世代、次々世代の子どもたち
です。


より少なくCO2


Copyright (C) 2004-2011 lohas club. org. All rights reserved.