いい過疎地ネット
Home 地方紙だより バイオマス 事例と計画 市町村リンク お役立ち情報 Mail

バイオマス

 バイオマス

「バイオマス」は動植物から生まれた再生可能な有機性資源です。
代表的なものに家畜排泄物や生ごみ、木くず、もみがらがあります。

■ 廃棄物系バイオマス
 ・畜産資源(家畜排泄物等)
 ・食品資源(加工残さ、生ごみ、動植物性残さ等)
 ・産業資源(パルプ廃液等)
 ・林産資源(製材工場残材、建築廃材等)
 ・下水汚泥

■ 未利用バイオマス
 ・林産資源(林地残材)
 ・農産資源(稲わら、もみがら、麦わら等)

■ 資源作物
 ・糖質資源(さとうきび、てんさい)
 ・でんぷん資源(米、いも類、とうもろこし等)
 ・油脂資源(なたね、大豆、落花生等)

 「化石資源使い捨て」から「バイオマス」の持続可能な社会へ

石油文明は利便性、経済性、快適性の代償として廃棄物問題、CO2の増加、地球温暖化、有害化学物質、生態
系への影響問題など引き起こしました。これからは、物質、エネルギー資源を石油からバイオマスに転換する
ことによって持続可能な社会を具現化していくことです。

21世紀型
 

 バイオマスの賦存量と利用状況

バイオマス利用状況


菜の花プロジェクトなどは日本的な環境にやさしい取り組みといえるもので、
例えば、滋賀県東近江市では、「なたね」というバイオマスを利用して、循環型社会の形成、地球温暖化の
防止、地域の活性化を目指しています。

転作田に菜の花を植え、なたねを収穫・搾油して出来たなたね油を料理や学校給食に使い、搾油時に出た
油かすは肥料や飼料として使います。市民が協力して廃食用油を回収し、石けんへのリサイクルや試験的に
自動車等の燃料にリサイクルしています。
そして大気中に排出されたCO2は菜の花を栽培することで吸収されるのです。

菜の花プロジェクト

 
 

Homeに戻る   上に戻る
-------------------------------------------------------------------------

Copyright (C) 2013 lohas club.org. All Rights Reserved.