LOHASって何
LOHASアカデミー
LOHAS COLUMN
環境LOHAS
世界のLOHAS
LOHASブログ
LOHAS マーケット
MAIL
  第1回 Boulder 研修レポート 2006年3月20日〜24日

第1回 Boulder研修 参加 今井修之さん 研修レポートより  
すばらしい体験の連続だった。

Lampe氏の講義に始まり、様々なビジネスピープルからまんべんなく話が聞け、LOHASのいろいろな顔を垣間見ることが出来たツアーだった。

自分なりにまとめたポイントは“4F+1D”。
「Fun」「Frank」「Fashionable」「Fresh」+「Design」。

この4つの“F”は日本人が苦手としている分野かもしれない。ボールダーの住人達は自らの価値観で「選び」、ライフスタイルを創っているように感じた。テッドがコーディネートしてくれた人々・場所が特徴的だったとも言えるが、自由時間の活動からもそれを感じることが出来た。

LOHAS Journalの創刊者
Frank Lampe氏


 
到着の日、ボールダーは寒波で雪に見舞われた。

デンバー空港で集合し、バスでホテルへ

ホテルでのウェルカムディナー

朝のヨガにも全員参加でビックリ!

ヨガのSue先生

 日本で所謂LOHAS関連「環境」や「自然」「農」などなどをキーワードに活動をしている人にもよく逢うが、なにか違和感を覚える場合があった。たまに、違和感を覚えない人がいたが、それはその人の生活が言動一致しており、ライフスタイルとして確立されているから。ボールダーの体験を通じて再確認させられた。
左からTed Ning氏、Frank Lampe氏、ローハスクラブBoulder支局の小池さん

 とにかくボールダーの気候は気持ちが良かった。厳しい冬が終わり、春の訪れを感じる時期であったからだと思うが、ハイシーズンにもぜひ訪れたいと思わされた。それは、アウトドアのシリコンヴァレーと言われるボールダーで何もアクティビティをしなかったことが悔やまれるから。
次回ボールダーを訪れる際は朝のYOGAだけでなく、実際にトレッキングやボルダリングを楽しんだり、また自転車での移動などそのロケーションを十二分に楽しみたいと思っている。

大豆油使用のキャンドル、LUMIA ORGANIC社のお話し。化石燃料のロウソクより長く燃焼する。
Lampe氏と歓談するLOHASアカデミー
講師の藤崎健吉氏

ゲーム感覚で呼吸法。Wild Divine社


Colemanの肉はBSEの心配はない。


自由時間、ロッキー山脈組

 また、学生とリタイアメントした人で人口の大半を占めるという特別な地域であるボールダー。優秀な企業が、どんどんボールダーに進出して来ているとも聞いた。現在の人口クラスターが、この後どのように変化していくのかは楽しみだ。さらに、ボールダー市政、コロラド州の取り組みも非常に関心がある。日本ではまだ始まっていない動きが、市民の選択で働いているという事実にも驚いた。
日本で市民がそういった選択をするのはいつの日になるだろう。

ナチュラル・ソーダのIZZE社
Boulder市の交通局から

 学生生活をボールダーで過ごせる若者は幸せだ。コロラド大学にも自由時間に行き学生と話したが、ハイシーズン週末はみんなアウトドアの活動に繰り出すという。ロッキー山脈を抱る彼の地はフィールドには事欠かない。羨ましい限り。個人的には、ナロパ大学への関心が日増しに高まっている。その独自性とボールダーというフィールド。数年後、学生としてボールダーにいることになるかもしれない。

オーガニックレストランでお別れディナーを

 BoulderのLOHAS企業の日本進出にもぜひ協力したいと思っている。今の私の仕事はフィールドワークで畑違い。できるのはコーディネート。商社や飲食業などに友人が多く、今回で言えばIZEE社の展開などはご紹介できる企業がいくつかありそう。

オーガニック野菜の前菜。右端に写っているのはLumiaのキャンドル

 今後、私自身もLOHASコンシェルジュとしてまさにライフスタイルを創っていこうと思う。これまで、気付いていながらそれを「選択」しないことなども数多くあった。これからは“4F”を意識しながら、「選択」し自らをデザインしていこうと思う。そして、私のライフスタイルが他の人に少しでも影響を与えることが出来れば、嬉しい。


 

ナチュラル・スーパーWild Oats

ホリスティック・ヘルスのコーナー

Wild Oats

VMD*が素晴らしかった。ショッピングがワクワクする体験になると感じられた。列ごとの商品区画も非常に分かりやすく、英語は不得手なボクにも選びやすかった。
情報センターの存在が秀逸。いいものを発信しようという気持ち、消費者とコミュニケートしようという姿勢が素晴らしいと思った。ボクもレシピをたくさん頂いた。ぜひ挑戦してみたいと思う。ただ、日本で満足する素材が集められるかが不安。

注:VMD…Visual Merchandisingの略で、商品の展示手法のこと。

野菜売場の陳列はきれい!! Wild Oats



ランチは店内の好きなモノを
試食で結構お腹がいっぱいに…。

山羊のチーズをつくっているHaystac Farm

山羊チーズ独特の臭みがまったくない。

Celestial Seasonings工場のギフトショップ

石鹸を固める際、再利用可能なシリコンを使うなど地球環境のための数々のアイデアが…

Haystack Farm

日本でも多くの牧場に行ったが、やぎ、しかもチーズを作ることのみに特化した牧場は新鮮だった。
やぎは非常に効率が良いと繰り返し言ってたが、世界の家畜の状況を考えれば、そのとおりだと感じられる。
また、ご苦労されたようだが、規模拡大の計画とのコト。今後が楽しみ。
オリーブオイル漬けを買って帰った。これまで、日本で手に入るヨーロッパ産のものが結構好きで食べていたが、これらがどれほど環境に配慮して造られているかは不明。ナチュラルで造られている現場を見ることが出来たので、食べるのを楽しみにしている。

Celestial Seasonings

世界各地の素材がCelestial Seasoningsを通じて商品となり、ボールダーから(工場はここにしかない!)世界中にデリバリーされている事実に驚く。素材の産地の経済にも貢献しているであろうことが素晴らしい。
Celestial Seasonings社の商品があんなにたくさんの種類が並んでいるのを見たのは始めてだった。時間がゆるせば、全部試してみたいくらい。全ての商品に個性があり、選ぶのが楽しかった。
ギフトショップでたくさん商品を買って帰ったので、自分自身ティータイムを楽しみたいし、友人達にもぜひ味わってもらいたい。

Pangea Organic Soap

グラフィックも素晴らしく、パッケージが欲しくて石鹸を買ってしまった。
また、パッケージのアイデアが素晴らしい。
コンペで残ったというコミュニティオフィスの発想も素晴らしく、完成が楽しみ。
ボク自身、非常に敏感肌(アトピー)なので石鹸は合うものが無く、ホトンド使っていない。フェイシャルローションを買ってみた。ぜひ、試してみたい。
早く日本で買えるようになって欲しいと願っています!

PANGEA ORGANICS SOAPでは手作業で箱詰めを。外箱には植物の種を混ぜ、
土に戻すような工夫が…。右の写真はカットした石鹸を乾燥させている。
ホールフーズマーケット

リサイクルできるゴミの分別。

Solar Home Comunityを見学

Shambhala Center
ここで瞑想を体験した人も

Whole Foods Market

業界のリーダー企業という風格を感じた。スタッフの活き活きとした感じが、たゆみないスキルアップの賜物であること、それを会社としてバックアップする姿勢に感心した。
また、セレクトされた商品であるにも関わらず、非常にボリューム感のある陳列に本当の意味で「選ぶ」楽しみを感じることが出来た。特にチーズ・ハム・コーヒー・チョコレート・オリーブのエリアをじっくり解説していただき、それを実感できた。自分がボールダーに住んでいたら、買い物の際ぜひ相談に来たいと思った。

Eco cycle

市のリサイクル施設であるのに、そのほとんどがボランティアベースで行われていることに脱帽。市民のモラルが高いのか、分別がしっかり行われているのだろう。嫌なにおいが一切しないことが素晴らしい。生ゴミは全部コンポスト化される!?貴重な経験でした。


Solar Home tour

ぜひ、住んでみたい街だ。環境に配慮された素材で出来ており、生活するのに十分なスペース。コミュニケーションまでデザインされている。ソコでの生活は快適だとイメージできる。
日本人であるボクには値段も手頃に感じられた。アメリカでは高いのだろうと思うが・・・今回の体験で、自分が家を選択するときに新たな「価値感」がプラスされた。

Shambhala Center

ボールダーの中心部にあんなに立派な寺院があることに驚いた。仏教徒にもたくさんの信仰があること。ボールダーではとても自然にそれらが語られることに感動した。瞑想に参加できなかったのは残念。
個人的にNaropa大学に非常に興味を持っていて、ボールダーを再度訪れることがあれば再訪したい。

Mont Bell

高機能でより軽くより小さくという従来の方針が、そのままアドバンテージになっていると聞き感動。日本でMont Bell製品を愛用しており、コストパフォーマンスが素晴らしいと思っていたので尚更嬉しかった。
噂で、海外ではMont Bellは高級品らしい・・・と聞いていたが、今回の説明を聞いて納得。
5月号のソトコトでも村松さんをお見掛けしました。今後の展開が楽しみ。
今回は時間が少なく、じっくり店内を見られなかったのが心残り。
次回ボールダー訪問の際は、ゆっくり訪ねたい。




Copyright 2008 lohas club.org. All rights reserved.