LOHASロゴ
LOHASって何 ライン LOHASアカデミー ライン LOHAS EYES ライン 環境LOHAS
世界のLOHAS ライン 講演・セミナー・広報 ライン 支局・支部便り ライン MAIL
 
 
 
地域の有機質資源を有効活用
 
 
 環境にやさしい「ズーコンポスト」
 
 

ズーコンポストは地球環境に負荷の少ない、生物の特性を活用したもので、エコロジー循環型農業システム(ビオス・アグリシステム)の核となる技術です。

ロシアのマーズ計画の一環で、限られた宇宙空間で長期に滞在するために、宇宙船内の排泄物処理と宇宙飛行士の食料への転換という循環系確立をめざして研究開発された技術で、特殊な「イエバエ」の幼虫によるふん尿処理システムです。

わが国の家畜ふん尿の問題は深刻ですが、EU諸国ではわが国に先立つカタチで畜産環境からの汚水流失が主な原因となって、地下水汚染や海水の富栄養化等の問題が発生しました。
年間9500万トン排泄される家畜のふん尿は、農業用資源という視点でとらえるとふん尿量が多く、土壌、水質、生態系に悪影響を及ぼします。このため各都道府県毎に、また畜産農家によっても、計画的に施設整備が行われており、堆肥舎を中心に、生ゴミ混合処理、バイオガス発電後の堆肥化など様々な施設が整備されています。

ズーコンポストは3つの技術に焦点を合わせ、開発、施設化しています。
 ( 1 )豚ふん鶏糞の短期間処理技術です。
 ( 2 )環境への影響を低減化するための技術開発
 ( 3 )資源としての有効利用を目指した技術開発
 
「ズーコンポスト」は、豚糞を僅か7日間で肥料化できる、極めて優れた技術システムであり、環境への負荷も少なく、ふん尿が資源として活用され、有機肥料として品質が安定しており、使い安く、運びやすく、臭わない、などすべての条件を満たしています。

 
 
 ズーコンポストシステム
 
  「ズーコンポスト」では、高速・無公害に生物による処理が行われ、安全で高品質な生産物が得られます。

 
 
1

特殊に改良されたロシア種の「イエバエ」の幼虫によるふん尿処理法で、トレイに乗ったふん尿に「イエバエ」の卵を植え付け幼虫を孵(かえ)し、この幼虫にふん尿を処理させるものです。

このハエの幼虫の唾液には殺菌効果があり、その残渣(肥料)に嫌気性菌は検出されなくなり、良質の有機肥料が出来ます。

2 2
撹拌した豚糞をトレイに6cm位の厚さになるように
敷き込みます。その上にイエバエ卵をのせます。
 
3 4 80%の水分を含むふん尿は、3日後位にはしっとりとした顆粒状になり、5日後にはさらさらの乾燥した状態になり、幼虫が働き出すと、臭いも殆どなくなります。
2
飼育室へ運び入れます。
 
5 6 この頃には幼虫は成熟に達し、習性として自ら外に這い出し、下部に設置の幼虫受けに落ちます。人手や処理工程を介さずに幼虫と肥料が分離されます。
2
2日後には卵が幼虫になって働きだし豚糞の臭いも消えてきます。
 
分解完了 7 7日目幼虫脱出
たった6~7日でふん尿処理が終了します。
一般的に堆肥化が2~3ヶ月を要することを考えれば大幅な期間短縮ができ、10分の1以下のスペースの処理施設で足りることになります。
2
消化が進むにつれ幼虫はトレイの外に這い出し、
下の幼虫受けに落下し、トロプス(飼料)が誕生します。
幼虫の至適温度は室温30℃、湿度70%で切り返しの必要もなく液汁の染みだしも見られず、成長した幼虫は家畜や養殖魚等の良質な飼料となります。
8 9 イエバエおよび幼虫は環境に対する要求が厳しく、一定条件下以外では繁殖はおろか生存も不能であり、心配される生態系への影響は全くありません。
堆肥は3〜4時間撹拌乾燥しサラサラの肥料になります。
トロプスは熱湯で処理され養鶏や養魚の優れた飼料となります。
生産物 右
 
10 11 既に「イエバエ」の培養、管理は国内で引き継がれ、厚生労働省に許可されています。
安定した技術として確立しており、培養施設、生産施設のパイロットプラントも稼働しています。
ズーコンポストは畜糞の短期間の処理で、同時に2つの有機生産物を作り出します。
12 13
有機肥料 ビオス
(回収量:原料投入比30%)
幼虫トロプス
(回収量:原料投入比10%)
 

 
 

有機生産物 「ビオス」と「トロプス」

バー
 
  ズーコンポストは畜糞の短期間(6~7日間)の処理が可能であると同時に2つの有機生産物を作り出します。
その生産物は「ビオス」という有機肥料と「トロプス」という有機飼料です。

 
 
 ビオス肥料    トロプス飼料
12   13
 ビオス肥料
 特徴:糸状菌に対する抑制効果
 (トマト萎周病菌、キャベツ萎黄病菌、白絹病菌など)

 ◇ PH7.0〜7.5による土壌改良効果
 ◇ 成長促進
 ◇ 病気、害虫発生の低減
 ◇ 実鳴りを増やし、果実の糖度の向上
 ◇ 施肥後は雨水の影響を受けず無臭
 ◇ 根の発育の促進
 ◇ 優れた濾過性
 ◇ 肥料の均一な性能
 
 
 トロプス飼料
 特徴:抗菌性タンパク質が多く細菌や皮膚の感染を防御

 ◇ 全種アミノ酸含有
 ◇ 高タンパク質
 ◇ 豊富なアスパラギン酸
 ◇ 鶏や養魚の成長促進
 ◇ 鶏肉の質の向上
 ◇ 発病率の低下
 ◇ 養鶏の産卵率の促進
 ◇ 観賞魚の発色促進


 
 

詳細については、こちら→ ビオス肥料トロプス飼料をご覧ください。
また、家庭菜園・ガーデニング向けに「エコエコ・ビオス」が出来ました。

 
 
ローハスクラブが運営
Copyright © 2004-2010 lohas club. org. All rights reserved.