日本酒
 
m
 月の輪酒造店
岩手県
清酒及び自社酒粕を使用した焼酎の製造。日本酒造りには不向きと言われるもち米を100%使用した純米酒の製造や、原料の米を最大限に利用する焼酎の製造にも取り組むなど新しい事に挑戦し続けている。


m
 秋田清酒
秋田県
良酒を生むために最も大事なものは良い水です。長い歴史と伝統の上に花開いた現代の日本酒は美味と芳香の宝庫である。出羽鶴蔵(旧外小友)と刈穂蔵(神宮寺)の2蔵を有し各々特徴のある美酒を生み出している。

m
 大和川酒造店
福島県
九代目弥右衛門襲名時にできた大吟醸酒。北方の環境と共に生き、収穫文化、醸造文化を継承発展創造し、技術革新を成し、常にお客様に喜ばれる高品質で美味しい清酒を醸造する。主な銘柄 『大和川』『弥右衛門酒』『酒星眼回』『良志久』など。


m
 仁井田本家
福島県
仁井田本家は「日本の田んぼを守る酒屋」として、すべての酒を“自然米”で仕込むLOHASな酒造りを目指します。たくさんの蔵人がいて、はじめて美味しい自然酒ができあがります。金寶自然酒の一滴一滴に込められた、私たちの想いをご紹介します。


m
 木戸泉酒造
千葉県
添加物や農薬、化学肥料を一切使用しない日本酒を造りたい、という先代の強い意志から昭和42年より自然農法(無農薬・無化学肥料栽培)産米を100%使用した純米酒の製造を始める。日本酒の長期熟成酒を初めて世に出した酒蔵。


m
 橘倉酒造(きつくら)
長野県
三百余年の間、酒造り一筋に励んで参りました。ここ信州佐久は、寒冷な気候風土が酒造りに最適であり、清冽な水と豊富な米を以て酒を醸して参りました。美しい風土と微生物(麹菌の糖化作用と酵母菌のアルコール発酵)がもたらす「自然の賜(たまもの)」です。


m
 菊水酒造
新潟県
“良い酒”とは何か。明治14年の創業以来、菊水が探究し続けてきたテーマです。お客様にとって“良い酒”とは?販売してくださる方々にとって“良い酒”とは?社会にとって“良い酒”とは?そして、酒を醸す私どもにとって“良い酒”とは何か・・・

m
 南部酒造場
福井県
平成2年より、篤農家(とくのうか)松浦助一氏と有機農法の酒米作りに取組んできました。地元・大野市で、五百万石・山田錦・花吹雪・強力・亀の尾といった品種に挑戦し、健康な稲作りを目指し有機農法にこだわってきました。


m
 澤田酒造
愛知県
清酒、白老は幕末に創業し、明治時代には速醸の礎となる乳酸添加による酒母造りの開発に成功しました。以来、米の旨みを大切にいかした、料理をひきたてる酒を造るため、基本に忠実な酒造りを通じて品質第一に歩んでいます。


m
 鳳鳴酒造
兵庫県
丹波杜氏のふるさと(兵庫県篠山市)で、寛政9年(1797年)の創業。伝統の代表銘柄「鳳鳴(ほうめい)」を中心に、大吟醸専用銘柄である「笹の滴(ささのしずく)」や、音楽振動醸造酒「夢の扉(ゆめのとびら)」完全無農薬有機栽培米100%仕込み酒「かかしの詩(かかしのうた)」


m
 都錦酒造
島根県
明治17年の創業以来約120年に渡って、島根県石見地方の一地酒蔵として、「品質こそ命なり」をモットーに酒づくりを続けています。酒づくりのこだわりの三要素として、「米・水・技」が挙げられます。


m
 玄海酒造
長崎県
麦焼酎「壱岐」は、壱岐で一番高い山(岳ノ辻)の伏流水と、厳選された原料と永年培った醸造技術を駆使して造り上げた本格麦焼酎です。


m
 豊永酒造
熊本県
地元のEM自然農法をしている農家と契約、そこで出来上がる有機自然米を使用。水は、日本3大急流のひとつ、「球磨川」源流域の清らかで体に優しい弱アルカリ(pH8)の天然水を仕込水・割水に使用。


m
 酔仙酒造
岩手県
古くより酒造を営んできた八軒の蔵がひとつにまとまり、昭和19年「酔仙酒造」の前身である企業体「気仙酒造株式会社」を設立しました。昭和30年、31年の全国清酒鑑評会で金賞を受賞した実績を筆頭に、南部杜氏自醸清酒鑑評会での連続40数年の優等賞受賞。

m
 笹正宗酒造
福島県
会津喜多方に創業、品質第一主義を貫き、以来代々の岩田家の当主に秘伝の仕込みが伝授、特に4代5代目の時代には、数多くの品評会にて優等賞、一等賞の栄誉に輝きました。品質第一をモットーとした酒造りを守り通して、過度の近代化、量産化を拒否し昔ながらの造り方でうまい酒造り一筋を貫いている。


m
 末広酒造
福島県
1850年から会津にて酒造りをしている末廣酒造。酒づくりは米づくりからと、会津二百軒の農家と契約。理想の米作りをする為、農協と有機肥料を共同開発。また、自家製酵母の開発にも力をいれた。会津の米と会津の水、会津杜氏と会津にこだわり、酒造りの伝統の技法を頑なに守っている。

m
 自然郷 大木代吉本店
福島県
慶応元年より酒造業を創業。代表銘柄『自然郷』は、昭和48年に篤農家と出会い、造りだけでなく原料(米)においても昔ながらのものにこだわりたいという想いから生まれました。その他1977年から製造している料理用純米酒『自然郷こんにちはの料理酒』の製造元としても知られています。


m
 寺田本家
千葉県
江戸時代の延宝年間(1673~81)に近江国(今の滋賀県)から移住して、今の地(神崎)で酒造業を営むようになりました。「自然の原点に戻って酒造りをしたい」が蔵元の願いです。現在、無農薬、無添加、そして全量昔ながらの生もと造りで独自の寺田本家ならではのお酒を醸し出しています。


m
 谷桜酒造
山梨県
八ヶ岳が白い雪に覆われる頃、酒の「仕込み」が始まります。時代とともに変化する味の嗜好、酒は食文化に敏感です。谷櫻では原料米に、酒造好適米の中でも良質な美山錦、有機材倍米を使用、ひと粒の40%を削り取り酒の雑味となる部分を取り除きます。


m
 天領酒造
岐阜県
酒造好適米の特徴を生かすために、自社精米による精密な精米(精白が悪いと雑味がでる)と清冽な地下水による酸味の少ない酒質を目指しています。特別純米酒『飛切り』は純米らしい味の幅を持たせつつ料理の味を損なわない控えめな甘さと香りを特色としています。


m
 松本酒造
京都府
米がもたらす上品な美味さと後口のキレの良さが生きる純米酒こそが、清酒本来の味を最も味わうことができる酒であると、私たちは考えています。そのため、松本酒造では「一、蒸し 二、蒸し 三、造り」という指針のもと、米を大切に扱うという基本を踏まえた酒造りに励んでいます。

m
 山名酒造
兵庫県
自然農法酒米による純米吟醸酒。春の田植えから夏に稲を育て秋に刈り取るまで、一切農薬や化学肥料に頼らない米作り。本品はその自然農法による酒米・五百万石を100%使用している。


m
 八木酒造部
愛媛県
愛媛県の地酒として恥じる事のない品質です。徳川時代1831年創業以来、品質一筋の酒造りに情熱をかたむけています。山丹正宗は淡麗ですっきりとした旨い酒で、土地柄に相応しく、優し い酒というのが特徴です。

m
 木下醸造所
熊本県
弊社の焼酎は、1年間で550石しか製造できません。その理由は、旧来の「かめ」で 焼酎を仕込むからです。しかも麹づくりから仕込みに至るまでも機械に頼らず、すべて手作業で行なっているため大量生産ができません。しかし、手造りでないと出来ない良さがあると思います。

m
 小正醸造
鹿児島県
小正醸造は美味しいと云われ、愛される焼酎を更に造り続けていきます。お陰様で昨今の焼酎、特にいも焼酎においての価値が高まっており「小鶴くろ」「さつま小鶴」はじめ「蔵の師魂」そして貯蔵焼酎「メローコヅル磨」等大変お世話になっております。

ジオビオス

 

 

 

生ごみ処理機

日本酒ビール・ワインコーヒー・ティー・その他日本茶
>>掲載・広告出稿は 
マーク マーク
マーク マーク
マーク マーク
 
 マークおすすめ関連リンク

  
>>「国際有機農業映画祭」に行ってきました

  >>ニューヨーカーの圧倒的な支持を得たホールフーズマーケット

  >>ここまで来ているアメリカの消費者意識 
    ・食材飼育にみるCSR 企業の社会的責任


  >>「大田青果市場」を見る